週末台湾旅行記 (3) 台湾かき氷と台湾リスで一息「Smoothie House (思慕昔)」「大安森林公園」

foto.yag.xyz

Smoothie House (思慕昔)

次にやってきたのは台湾かき氷の「思慕昔」というお店。地下鉄の駅構内にも広告が貼られているほどの有名店で、昼前にもかかわらず人だかりができています。ここは永康街という鼎泰豊本店近くにある繁華街で、小さい通りながらもCoCo都可や50嵐など甘味に関しては一通り揃っています。

思慕昔(スムージー)[Smoothie House ] | 台湾グルメ・レストラン-台北ナビ

先に注文をしてから、左上にある番号で呼ばれるまで外で待ちます。店舗に併設されているカウンター席などは少ないので、待っている間になんとか確保しましょう。

さてさて来ましたマンゴーかき氷「超級雪酪芒果雪花冰」(210元)。かき氷とは思えないボリュームで、しかもその上にマンゴーソルベが乗っています。脇にはマンゴーの果肉がそのまま植え付けられていたり、なんというかマンゴーに物理的に殴られている感覚。

下の方にはかき氷がみっちり。このかき氷はふわふわな舌触りで氷っぽさがなく、しかも氷自体にも甘く味が付いています。

もちろん一人で食べ切れるわけがないので、同行者合わせて3人で1つのマンゴーかき氷を突っつきます。さきほど食べた朝食も相まって、1/3くらいで個人的にはちょうどよい量でした。といいつつマンゴーの果肉はもうちょっと食べたかったかな。台湾的にマンゴーは4月中旬以降から旬になるそうなので、もう少し後に来て果物屋で頬張るのがベストなのかな?

思慕昔のマンゴーかき氷、美味しゅうございました。

大安森林公園

さて、朝飯も食べてかき氷も満喫したということで、ちょっとその辺をぶらぶら歩くことに。永康街には大安森林公園という大きめの公園があるので、散歩しつつ次のご飯に向けて消化を促進します。

大安森林公園の中を歩いていると、木の上に台湾リスを発見。日本では普段リスを見ないだけあって、テンションが上がります。

木の枝の上でうろうろ。

と思いきや、地面まで降りてきて今度は近くの背の低い木に登ってきました。

人間が近くにいても逃げる素振りも見せず、地面を走り回っています。大きな尻尾がこれまた可愛い。

このあと結局別の木に登っていきましたが、大安森林公園の中を少し歩くだけで4,5匹は台湾リスを見かけることができました。観光という気分でもなかったので、こうやって公園で時間つぶしして小腹を空かせることに成功したのは結果的に良かったんじゃないかと思います。

anan (アンアン) 2017/04/12[歩く、台湾。]

マガジンハウス (2017-04-05)