週末台湾旅行記 (2) 台北の朝を鹹豆漿で始める「鼎元豆漿」

foto.yag.xyz

台湾の朝は早い……わけではないですが、台湾において朝ごはんを外で食べるのは食べ歩きの基本です。ホテルの朝食を食べなくとも、外に出ればいろんな美味しいものが待っています。現地の人たちと席を隣にして食べる朝食というのもなかなかに良いもので、外食文化な台湾ならではでしょう。

そんなこんなで8時頃に起きて遅めの朝食ということでやってきました「鼎元豆漿」。日本のガイドブックやネットでもたびたび紹介される定番のお店です。私たちは昨年発行されたananの台湾特集でこの店のことを知りました。

ちなみに、この店構えだけは去年の写真。今回も撮ったのですが同行者が写っていたのでブログ的にはお蔵入りです。

奥が持ち帰りの列、そして手前が店内で食べる受付です。この時はたまたま手前の列がありませんでしたが、昨年ここを訪れたときには店の外まで列が伸びていました。

厨房では大鍋で豆乳をかき混ぜています。これが後々出てくる鹹豆漿の元ですね。

その横では揚げパンを作っています。

そしてガラスケースに並ぶいろんな揚げパン。今回はこの辺は食べなかったので、次回の宿題です。これでまた台湾に行かなければいけなくなりました。宿題だからしょうがないですね、しょうがない。

さて一通り注文して、ようやく朝食です。まずはこのお店の一押しの鹹豆漿。これは簡単にいえば豆乳のスープで、少し甘めの豆乳に揚げパンやらネギやらを入れて食べる台湾独特の朝食です。

台湾も主食は米の文化なのに、こうやって豆乳が広く食べられているのは日本とは違ってとても興味深いところ。大豆がよく取れるからなのか、暑い国だからなのか、日本もかつてはそうだったのか、あれこれ考えても結局はよくわからないのですが、そのあたりの食文化の違いを考えながら食べるものもまた一興。

そして少し待ってから来たのが水煎包。少し大きめですが、皮もそれほど厚くなく、何個でもいけます。噛んだ瞬間に熱々の肉汁がにじみ出てくるので注意です。

隣では近所の人が普通に食卓を囲んでいます。現地の人はここにきて何を食べてるのかなと覗き見するのも楽しみの一つです。この写真には写ってないですが、何やら揚げパンの中に揚げパンが入ったような謎の食べ物を頬張っている人がいて、あれはなんのメニューなのか非常に気になりました。

さてお腹いっぱいになったので店を出ます。店はまだ並んでいる人がいて、このお店の人気さを物語っています。並んででも食べたいことには変わりない、とても美味な台湾の朝食でした。

anan (アンアン) 2017/04/12[歩く、台湾。]

マガジンハウス (2017-04-05)