読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

念願の宮城蔵王キツネ村で可愛いキツネに夢中になってきた

Trip Photo Animal

最近は仕事諸々で心が荒れることが多々あり、その反動からか見切り発車で週末のレンタカーを予約して、以前から行ってみたいと思っていた蔵王キツネ村まで足を伸ばしてキツネたちの写真を撮ってきました!

宮城蔵王キツネ村

東京から車を飛ばすこと約4時間、東北道の白石ICで降りて少し山道を登った先に蔵王キツネ村はあります。東京では春一番が吹いたりと、ようやく冬の終わりを感じさせるほどにはなってきましたが、蔵王キツネ村のある宮城県の白石ではまだまだ路肩に雪が残っていたり、春はもう少し先のようでした。ただ、山道でも道路上には雪はなく、スタッドレスを装備していったのですが杞憂に終わりました。

蔵王キツネ村の入り口では、一見して関係なさそうなゴリラか雪男みたいなオブジェが歓迎してくれます。その上の看板のキツネのイラストがとにかく可愛い。

このゲートをくぐり建物に入って入場料大人1000円を払い、一通りの説明と注意事項を受けます。諸々のキツネとのトラブルは自己責任であること、噛みつかれたり尿をかけられないよう注意すること、カメラなどぶらぶらするものは興味を持たれるから気をつけることなど、念願のキツネたちと対面できるワクワク感と同時に、ある種の緊張感が生まれます。

そして館内に入ってすぐお出迎えしてくれたキツネ君。この時点でテンションは最高潮です。この子は他の放し飼いにされているキツネとは違って、首輪が巻かれて犬のように暮らしていました。きっと人間に慣れている方の個体なのでしょう。

おめめパッチリでとても愛嬌があります。逆にいうと他の放し飼いのキツネたちはみんな目を細めている写真しか取れなくて少し残念でした。キツネも雪で眩しいのでしょうか。

さて、ここからは放し飼いにされているキツネたちの写真です。ケージで飼育されたり繁殖期などで隔離された個体以外は、大きな公園のようなところで100頭近いキツネが放し飼いにされています。人間はというと、そのキツネが暮らす場所にお邪魔をするというわけです。当然ながら警戒心が強いキツネは自ら寄ってきて人間に対してじゃれてきたりしませんので、ちょっと寂しいというかそっけない感じもあるのですが、そこがまた良いんですよね。

これを撮った3月初旬はまだ雪が7,8割ほど残っており、白い背景に映えるキツネ色が撮れたんじゃないかと思います。

大きなあくび。

この写真だけ見ると笑っているように見えますが、実際には近づいてきた別のキツネに対して少し警戒して鳴いているところです。3月は繁殖期の終わりということで一時期よりは収まったようですがまだ争いごとが絶えないようで、園内はところどころでキツネたちが喧嘩をしていました。それで顔や足を怪我したキツネもいて、痛々しくてシャッターが切れなかったこともありました。

のんびり日向ぼっこで眠そう。

これは餌やりの途中のケンカの様子です。後ろ足で蹴り合っているのですが、お互いの尻尾が団子みたい絡み合っていて、傍から見るとなんだか可愛らしい。

餌やりの時間は、こうやって園内のキツネが一斉に集まってきてその様子はまるでキツネ色の道が出来上がったようでした。

こっちの餌は全部食べたからあっちに行ってみよう、という顔。毛並みのグラデーションがとても良いです。そして所謂ちくわ感。

個人的な今回の旅行のベストショット。尻尾が影に隠れてしまっているのが残念ですが、キツネの佇まいを感じさせる1枚で気に入っています。

同じ個体の別のショット。

雪解け水を飲む様子は、犬と変わりません。

お地蔵みたい雰囲気で石垣の上でのんびりしているキツネです。あまりに穏やかに日光浴していたので、何枚も写真を撮らせてくれました。目を細めたお顔がなんとも表現し難いのですが、童話などに出てくるずる賢いキツネのようです。

黒い足が生えた毛玉が園内を闊歩しています。

あっちには何があるのかな?

付きまとって嫌がれているの図。私にはどちらがオスメスかは判別できませんが……。

キツネの写真ばかりでもアレなので、少し箸休めに。キツネに関する話題や動画ではさんざん出てきて荒らしのようになるエキノコックスについて、園内でも幾つもの看板で丁寧に説明されております。ただでさえ頭数が多くて放し飼いといった環境の中、こういった衛生面も含めてしっかり管理されているようで蔵王キツネ村のスタッフの方には頭が下がる思いです。

さて、こんどはキツネ毛玉。まだまだ寒い時期で、園内では至る所にキツネの毛玉ができておりました。

園内の小さな小屋の中で眠るキツネもいるのですが、多くはこうやってあちらこちら好きな場所で丸まって寝ています。

雪の白に映える赤い毛玉。お耳の黒がこれまたアクセントになって素敵です。

白黒の毛玉もいます。

毛玉にならないものは、犬のようにこうやって前足を伸ばして座っていました。黒いお手てがキュートです。

ねむーい!

やっぱり自分の尻尾が一番の枕なんでしょうか?

猫の香箱座りのような格好のキツネもいましたよ。

あとは、園内のキツネたちの暮らしを少し紹介します。

お水をペロペロ。先ほどの写真では雪解け水を飲んでいましたが、こうやって水を飲むスペースがあります。そこで待ってると自然と近寄ってきてくれるので、こうやって写真も撮りやすいわけです。

園内をテクテク。

また、園内には少し高い位置にある建物からキツネたちに餌をあげるスペースがあります。私自身は参加しなかったのですが、他のお客さんが餌を与えている様をひたすら写真に撮っていました。言ってしまうと園内はこういうイベントがないとキツネたちはあまり活発に動き回ってくれないので、ダイナミックな写真を撮るには餌やりの機会は逃せないわけです。

みんな人間が投げてくれる餌に夢中です。

そのため少ない餌を巡って争うことも。

さて最後に、今回の撮影の中で特に良かった写真を集めたキツネグラビア部門。初めてキツネの写真を撮ったのですが、顔など表情の豊かさは犬や猫ほどにはないものの、その凛とした佇まい、野性を残した雰囲気にすっかり魅せられてしまいました。

最後くらいはコメントを控えようかと思ったんですが、な、なんですかこの艶めかしさは……!!揃えた前足に少し傾げたお顔が最高です!

そして見返り美人(重ねて申し上げますがオスメスどちらか分かりません……)。

そんなこんなで、初の蔵王キツネ村訪問、そして初のキツネ写真撮影は、本当に感動的な体験でした。人間に優しくしてくれる動物との和気あいあいとした触れ合いじゃないんだけれども、かといって敵意を示すわけでもない間柄の人間とキツネが、檻の金網を隔てずお互いが同じ空間の共有できる。その絶妙な距離感を味わうことができるのがポイントなんじゃないかと思います。

基本的にキツネは人間になんか興味がないんでしょうけれども、時折カメラを見つめてくれたり、自分が立っている横を通り過ぎていったり、なんか私が勝手にキツネの心を読んであれこれ考えてしまうことがありました。そういったちょっとでもお互い気持ち的に歩み寄れるんじゃないだろうかというキツネへの期待感が、なんとも言えず愛おしさに繋がった気がします。

一方写真の方はというと、間近で檻なしに撮影ができる環境、そしてキツネの被写体としての面白さ、そのどちらも非常に素晴らしかったです。今だからこそ撮れる雪とキツネのコントラストも相まって、写真初心者の自分でもなんとなく良い絵が取れてるんじゃないだろうかと錯覚するくらいの被写体のポテンシャルの高さです。

帰りにはグッズで写真集「もふみキツネパン」を買ったのですが、この表紙の紅葉をバックに撮られた写真が本当に素晴らしいですよね。もうこれは秋の予定は確定ですし、できれば季節ごとに訪れたいと改めて決意いたしました。

この写真集は以下のリンク先から通販で購入することができます。ただ、個人的にはやはり実物を見てひとしきり感動したあとに読むのがベストかと思います。

この記事を見て興味を持たれた方がいらっしゃれば、ぜひ宮城蔵王キツネ村を訪れてみてください。