読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルギーひとり旅行記 (3) - アントウェルペン中央駅「Antwerpen-Centraal」

Trip Photo

f:id:yag_ays:20170206232522j:plain

ブリュッセル3日目の朝は雨だった。ホテルの窓から外を見ると、路面が濡れているのがわかる。外の気温は摂氏4度とのことで、どうにも観光には適していない天気のようだった。本当は現地のテレビ番組の天気予報なんかを見て判断すれば粋なものなのだが、便利さに負けてインターネットでベルギー各地の今日の予報を見ると、ブリュッセル北部のアントウェルペンという都市付近はどうやら天気が良いらしい。一度行ってみたかった街だし、今日は1日かけてアントウェルペンを観光しようと思い立ち、まだ日も明けない午前7時過ぎに荷物をまとめてブリュッセル北駅に向かった。

ちなみに、アントウェルペン(Antwerpen)はオランダ語で、英語だとアントワープ(Antwerp)、フランス語だとアンヴェルス(Anvers)になる。この街がある州はオランダに接しておりオランダ語圏ということで、ここではアントウェルペンで統一させていただく。といっても、他の旅行記を見る限りアントワープと表記していることが多く、かの「地球の歩き方」でもアントワープと書かれているので違和感が大きいかもしれないが、その辺は適宜読み替えて頂きたい。検索のためにも書いておくと、これから訪れるのは「アントワープ中央駅」であり、「アントウェルペン中央駅」でもある。

アントウェルペン中央駅

ブリュッセルから電車に揺られること50分、ベルギー第2の都市アントウェルペンに到着する。電車を降りると目の前に広がるのは駅舎全体を囲う鉄骨のアーチ。

まだ日の出前ということもあり、窓から差し込む青みがかった淡い光がホームに差し込む。真紅の鉄骨に縁取られてそのグラデーションがより一層際立つ様は、朝にしか見れない貴重なものだったに違いない。

駅のホームから入り口へと歩いて行くと、大きな車止めが見えてくる。これぞ本来の意味での末端(Terminal)とも言える光景だ。普通の人は日常会話で駅以外の意味において「ターミナル」なんて言わないだろうから、こういった感想はもはや職業病に近い。

そして外からの乗客を招き入れるのが、このアントウェルペン中央駅のこの光景。評判は旅行記やらで知ってはいたものの、これほどまでに荘厳な駅舎だとは……。とにかく想像の上の上を行く建築に視野は埋め尽くされ、ただひたすらにカメラのシャッターを切り続けた。

細部を見始めたらキリが無いとはいえ、中央に輝く「ANTWERPEN」の文字は抑えておかねばなるまい。その上の装飾に関して詳しいことはわからないが、中央に見える城壁は、中世アントウェルペンが城塞都市であったことを思わせる。その側には都市の名前の語源ともなった巨人の手があったり、両側には多様な植物やら穀物があしらわれていたりと、商業や交易で栄えた街としての豊かさや歴史を感じさせる。

といっても、これは駅舎の玄関から見れば裏側。中央の通り口を抜けると、駅舎のエントランスに続いている。まだ朝が早いということもあって人はまばらだ。

階段を降り、大きなホールに出て後ろを振り向くと、そこに見えるのはこれまた息を呑むほどの建築が広がっている。さきほどの駅舎アーチから差し込む光に照らされた外側とは異なり、こちらは薄暗い建物の内側。石壁や彫刻が形作る影が、建物の違った一面を見せてくれる。

こちらは街へ続く出口方面。

ヨーロッパらしいシンプルな時計が、ここが駅舎であることを思い出させてくれる。

普段市民が使う駅舎とは思えないこのアントウェルペン中央駅だが、大きなホール脇の通路を覗くと、右手にはスターバックスがあったり、壁には金属の手すりが備え付けられていたり、奥にはエスカレーターも見える。天井の照明も現代的なのだけれども、まったく違和感なく入り込めるのが不思議でしょうがない。

せっかく人通りの少ない朝に来たのだから、もう少しぶらついてみようと思い、そのまま石造りの通路を通ってホーム側へ出る。さっき乗ってきた電車を見上げつつ、吹き抜けを覗くと下には別の線路が見える。ここアントウェルペン中央駅は、ベルギー国鉄による乗り入れは地上1Fで、町中を走るトラムは地下にホームがある。

とにかく取り憑かれたように目に映る光景を写真に撮り続け、気付けば外はだいぶ明るくなっていた。最後にアントウェルペン中央駅を外側から眺めて、やっと満足してアントウェルペンの街に繰り出すことができる。

余談

これは同日、アントウェルペンからブリュッセルに戻ってきた後に訪れたベルギー王立美術館の中の「世紀末美術館」でふと目に入った1枚。1905年のアントウェルペン中央駅の写真で、おそらく駅舎が建て替えられた直後に撮影されたと思われる。歴史だの伝統なんて簡単に言うけれども、約一世紀前のこの光景を、いまこの瞬間に生きる自分も見ることができたのだと、この古い写真を見て改めて感じさせられて少し身震いがした。

参考