Photo

早朝の京都 嵐山の散策 竹林に差し込む日差し

南極観測船「宗谷」で半世紀前の南極探索の歴史に浸る

あるGWの昼過ぎ、知り合いが突然「海が見たい」と言い出したのをきっかけに無計画に車を出し、とりあえず東京で海が見れそうなお台場にいくことに。何も考えずに車を停めてぶらぶらしてると、船の科学館近くで展示されている「宗谷」を見つけました。当初の…

蔵王キツネ村で今年生まれた子ぎつねたちと戯れてきた

春といえば、緑が芽吹く季節でもあり、そして新しい命が誕生する季節でもあります。私の中でほぼ習慣と化している蔵王キツネ村のブログを見ていると、今年も元気な子ぎつねたちが生まれたようです!4月末には抱っこ体験もできるそうなので、もうそうなるとい…

週末台湾旅行記 (5) 夜に食べる甘い豆花入りの伝統的な台湾かき氷「216巷 粉圓大王」

foto.yag.xyz ホテルで少しお昼寝をしてお腹を空かせ、次に向かうは白菜鍋のお店です。予約せずに行ったら1時間ほど待ってくれと言われたので、その間に甘味を求めて夜の台湾をさまようことに。夜の台湾の路地は、日本とはまた違う感じの良い猥雑さがありま…

週末台湾旅行記 (4) 土産を買いつつホテルで遅いお昼「大倉久和大飯店」「50嵐」「臺鐵便當」

foto.yag.xyz 大倉久和大飯店のパイナップルケーキ 週末台湾の弾丸旅行なんてものは気を抜くと一瞬で時間が過ぎてしまうもので、よくよく考えると今は土曜、帰るのは日曜なわけです。そんなに悠長にしてられないなということで、ホテルに一度戻る帰りにお土…

週末台湾旅行記 (3) 台湾かき氷と台湾リスで一息「Smoothie House (思慕昔)」「大安森林公園」

foto.yag.xyz Smoothie House (思慕昔) 次にやってきたのは台湾かき氷の「思慕昔」というお店。地下鉄の駅構内にも広告が貼られているほどの有名店で、昼前にもかかわらず人だかりができています。ここは永康街という鼎泰豊本店近くにある繁華街で、小さい通…

週末台湾旅行記 (2) 台北の朝を鹹豆漿で始める「鼎元豆漿」

foto.yag.xyz 台湾の朝は早い……わけではないですが、台湾において朝ごはんを外で食べるのは食べ歩きの基本です。ホテルの朝食を食べなくとも、外に出ればいろんな美味しいものが待っています。現地の人たちと席を隣にして食べる朝食というのもなかなかに良い…

週末台湾旅行記 (1) 深夜まで開いている水餃子屋「又一村手工水餃麵食連鎖店」

foto.yag.xyz 台北市内のホテルに着いたのが深夜の23時過ぎ。夕方に出るはずだった成田発のLCCは1時間以上の遅延で、加えて機内でも何も食べず、12時間近く何も食べてないという状態。飯を食うために台湾に来たのだからととにかく何か食べたいということで、…

Anovaで低温調理 - サーモンのコンフィ

同じくAnovaを買った友人達がサーモンなどの魚の低温調理をしており自分も興味が湧いたので、前回のローストビーフに引き続き、今回はサーモンをやっていきます。 唐突に海外の話をしますが、Salmon Confit、Sous Vide SalmonまたはSalmon Mi-Cuitでググると…

ベルギーひとり旅行記 (8) -ナミュールの町並みと聖ルー教会「Église Saint-Loup de Namur」

シタデルからの帰り道。ここからナミュールの市街を歩きつつ、町中にある観光地の一つである聖ルー教会へと向かう。さきほどのシタデルでも建物が少し見えていた、街のシンボルとも言える教会だ。 橋のそばにあった印象的な紋章の古い建物。この建物はなんだ…

ベルギーひとり旅行記 (7) - ナミュールの駅舎とシタデル「Citadelle de Namur」

ヴィレ=ラ=ヴィルに別れを告げて、次に向かうはワロン地方のナミュールという街。ブリュッセルから電車で1時間ほどのこの街は、丘の上に「シタデル」という城塞があることで有名だ。中世の名残を感じさせる城塞や、その丘のほとりを流れるムーズ川、そして…

前回の蔵王キツネ村のお蔵入り写真を出しつつ反省会

前回の蔵王キツネ村の写真を整理していたら、あまりに使っていない写真が多かったので、少しピックアップして掲載したいと思います。 こうやって見ると、まだまだ自分が経験が浅いため顔のアップの写真だったり動きのない写真ばかりで、もっと活き活きとした…

Anovaで低温調理ローストビーフ

みなさんはやっていますか?私もやっています。 さて、最近は界隈で流行っている低温調理ですが、私も去年にANOVAを購入してから低温調理肉にハマっております。といっても、知り合いと家に集まるときくらいしか低温調理するタイミングがないため、なかなか…

ベルギーひとり旅行記 (6) - アントウェルペンのグランカフェ・オルタ「Grand Cafe Horta」

前回のベルギーひとり旅行記 (3) - アントウェルペン中央駅「Antwerpen-Centraal」にてひとしきり駅舎に満足したあと、気を取り直してアントウェルペンでの最初の目的である「鳥の市」に向かう。これは日曜朝から開かれている朝市で、その名の通り鳥が実際に…

念願の宮城蔵王キツネ村で可愛いキツネに夢中になってきた

最近は仕事諸々で心が荒れることが多々あり、その反動からか見切り発車で週末のレンタカーを予約して、以前から行ってみたいと思っていた蔵王キツネ村まで足を伸ばしてキツネたちの写真を撮ってきました! 宮城蔵王キツネ村 東京から車を飛ばすこと約4時間、…

ベルギーひとり旅行記 (5) - ノートルダム大聖堂横のブラッセリー「Kathedraalcafe」

その日は日曜日で、アントウェルペンのノートルダム大聖堂は午前中は礼拝のために観光客は入ることが許されなかった。一般公開の13時まで時間を持て余した私は、先に腹ごしらえということで色々と店を探した結果、大聖堂のすぐ横にあるこの「Kathedraalcafe…

ベルギーひとり旅行記 (4) - 世紀末美術館「Musée Fin de siècle」

アントウェルペン観光帰りの電車で急遽世紀末美術館に行くことを思いつき、土日の閉園時間延長に感謝しつつ、ブリュッセル中央駅から王立美術館へ向かった。お目当てはもちろん例のアレ。 ブリュッセルは朝の雨は止んで青空が広がっている。もう夕暮れ間近と…

ベルギーひとり旅行記 (3) - アントウェルペン中央駅「Antwerpen-Centraal」

ブリュッセル3日目の朝は雨だった。ホテルの窓から外を見ると、路面が濡れているのがわかる。外の気温は摂氏4度とのことで、どうにも観光には適していない天気のようだった。本当は現地のテレビ番組の天気予報なんかを見て判断すれば粋なものなのだが、便利…

ベルギーひとり旅行記 (2) - ブリュッセルのカフェ巡り「Peck 47」「Kaffabar」

カンティヨン醸造所の見学に前後して、ブリュッセルの美味しそうなカフェ巡りをすることに。選定基準はほぼトリップアドバイザー通りというなんともインターネットな人間だけれども、結果的にいえば大満足な選択だった。とりあえずパンとチーズはどこに言っ…

ベルギーひとり旅行記 (1) - ブリュッセル唯一の自然発酵ビール醸造所「Cantillon Brewery」

「君がビール飲めたらベルギー旅行は二割増しで楽しめたでしょうね」とは友達の言。 下戸である自分がベルギーに一人旅をしたのは、2017年1月末のこと。そもそも酒が一滴も飲めない自分が多くのベルギー観光客の主目的であるベルギービールを飲めないのは、…

ベルギーひとり旅行記 (0) - 索引

これは2017年1月27日から2月1日にかけてベルギーおよびフランスを一人で旅した記録です。 旅程 1/27 (11:00 成田空港 - 15:15 ブリュッセル国際空港 着) ブリュッセル:街歩き、グラン=プラス(夜) 1/28 ヴィレ=ラ=ヴィル:修道院廃墟 ナミュール:街歩き…