週末台湾旅行記 (4) 土産を買いつつホテルで遅いお昼「大倉久和大飯店」「50嵐」「臺鐵便當」

foto.yag.xyz

大倉久和大飯店のパイナップルケーキ

週末台湾の弾丸旅行なんてものは気を抜くと一瞬で時間が過ぎてしまうもので、よくよく考えると今は土曜、帰るのは日曜なわけです。そんなに悠長にしてられないなということで、ホテルに一度戻る帰りにお土産を買ってしまおうという流れになりました。

そこでやってきたのが大倉久和大販店。別にここに泊まっているわけではなく、お目当ては1Fの売店に売られているパイナップルケーキです。

まずパッケージのデザインが可愛い。買って帰って会社の同僚に配ったのですが、とても好評でした。味もとても美味だった様子。

本当はこのみっちり詰まった箱で一つの完成形という感じですが、人に配るときにはだんだんとパイナップルケーキが抜けていって、最後には絵がほとんど残らないことになってしまい、ちょっと残念です。配り方には注意が必要。

50嵐のタピオカミルクティー

さて、お土産を一旦ホテルに置きに帰ってきました。もちろん手ぶらで帰ってくるなんてするはずはなく、帰り道にしっかりと食べ物を調達してきました。

まずは50嵐のタピオカミルクティー(45元)。甘いミルクティーにもちもちの大きなタピオカが合います。日本のコンビニでタピオカミルクティーを買ってとても残念な思いをしただけに、台湾ではとにかくこれを食べないとという強い気持ちがありました。いつ飲んでも美味しい

捷運台北車站の臺鐵便當

さて、もう一つ買ってきたのが、このお弁当。これは台湾の捷運台北車站という中央駅で販売されている駅弁です。どうやら一番安いやつを買ってきたようなのですが、そんなことは気にしません。現地の人と同じものを食べてこその、食べ歩きです。

パッケージには何やらどこかで見たことがあるような黒い熊のキャラクターが描かれています。

大きさは、横が割り箸一つぶんくらい。そんなに大きくは無いですが、持った感じはずっしりとボリュームを感じさせます。

中身をドーン。茶色い!とにかく茶色い!

まず手前側にあるのが、肉かと思いきや湯葉を甘く煮たヤツ。わりと硬めで食べごたえがあります。そしてその横に煮玉子。台湾ではどこにでもありますが、タレが染み込んでいてこれまた美味しい。

そしてメインの排骨。骨付きです。平べったいながらも、とてもしっかりとした肉厚で、これだけで下に敷かれているご飯が進む進む。あっという間に全部食べてしまいました。

いや、外で食べる飯も美味しいですが、こうやって駅弁を食べるのもまた一興です。特に食べる場所がなかったりとなかなか手を出しづらいところではあるので、高速鉄道に乗らないならばホテルに持ち帰るのが良いかと思いました。台湾で食べて損はない一品です。

anan (アンアン) 2017/04/12[歩く、台湾。]

マガジンハウス (2017-04-05)

週末台湾旅行記 (3) 台湾かき氷と台湾リスで一息「Smoothie House (思慕昔)」「大安森林公園」

foto.yag.xyz

Smoothie House (思慕昔)

次にやってきたのは台湾かき氷の「思慕昔」というお店。地下鉄の駅構内にも広告が貼られているほどの有名店で、昼前にもかかわらず人だかりができています。ここは永康街という鼎泰豊本店近くにある繁華街で、小さい通りながらもCoCo都可や50嵐など甘味に関しては一通り揃っています。

思慕昔(スムージー)[Smoothie House ] | 台湾グルメ・レストラン-台北ナビ

先に注文をしてから、左上にある番号で呼ばれるまで外で待ちます。店舗に併設されているカウンター席などは少ないので、待っている間になんとか確保しましょう。

さてさて来ましたマンゴーかき氷「超級雪酪芒果雪花冰」(210元)。かき氷とは思えないボリュームで、しかもその上にマンゴーソルベが乗っています。脇にはマンゴーの果肉がそのまま植え付けられていたり、なんというかマンゴーに物理的に殴られている感覚。

下の方にはかき氷がみっちり。このかき氷はふわふわな舌触りで氷っぽさがなく、しかも氷自体にも甘く味が付いています。

もちろん一人で食べ切れるわけがないので、同行者合わせて3人で1つのマンゴーかき氷を突っつきます。さきほど食べた朝食も相まって、1/3くらいで個人的にはちょうどよい量でした。といいつつマンゴーの果肉はもうちょっと食べたかったかな。台湾的にマンゴーは4月中旬以降から旬になるそうなので、もう少し後に来て果物屋で頬張るのがベストなのかな?

思慕昔のマンゴーかき氷、美味しゅうございました。

大安森林公園

さて、朝飯も食べてかき氷も満喫したということで、ちょっとその辺をぶらぶら歩くことに。永康街には大安森林公園という大きめの公園があるので、散歩しつつ次のご飯に向けて消化を促進します。

大安森林公園の中を歩いていると、木の上に台湾リスを発見。日本では普段リスを見ないだけあって、テンションが上がります。

木の枝の上でうろうろ。

と思いきや、地面まで降りてきて今度は近くの背の低い木に登ってきました。

人間が近くにいても逃げる素振りも見せず、地面を走り回っています。大きな尻尾がこれまた可愛い。

このあと結局別の木に登っていきましたが、大安森林公園の中を少し歩くだけで4,5匹は台湾リスを見かけることができました。観光という気分でもなかったので、こうやって公園で時間つぶしして小腹を空かせることに成功したのは結果的に良かったんじゃないかと思います。

anan (アンアン) 2017/04/12[歩く、台湾。]

マガジンハウス (2017-04-05)

週末台湾旅行記 (2) 台北の朝を鹹豆漿で始める「鼎元豆漿」

foto.yag.xyz

台湾の朝は早い……わけではないですが、台湾において朝ごはんを外で食べるのは食べ歩きの基本です。ホテルの朝食を食べなくとも、外に出ればいろんな美味しいものが待っています。現地の人たちと席を隣にして食べる朝食というのもなかなかに良いもので、外食文化な台湾ならではでしょう。

そんなこんなで8時頃に起きて遅めの朝食ということでやってきました「鼎元豆漿」。日本のガイドブックやネットでもたびたび紹介される定番のお店です。私たちは昨年発行されたananの台湾特集でこの店のことを知りました。

ちなみに、この店構えだけは去年の写真。今回も撮ったのですが同行者が写っていたのでブログ的にはお蔵入りです。

奥が持ち帰りの列、そして手前が店内で食べる受付です。この時はたまたま手前の列がありませんでしたが、昨年ここを訪れたときには店の外まで列が伸びていました。

厨房では大鍋で豆乳をかき混ぜています。これが後々出てくる鹹豆漿の元ですね。

その横では揚げパンを作っています。

そしてガラスケースに並ぶいろんな揚げパン。今回はこの辺は食べなかったので、次回の宿題です。これでまた台湾に行かなければいけなくなりました。宿題だからしょうがないですね、しょうがない。

さて一通り注文して、ようやく朝食です。まずはこのお店の一押しの鹹豆漿。これは簡単にいえば豆乳のスープで、少し甘めの豆乳に揚げパンやらネギやらを入れて食べる台湾独特の朝食です。

台湾も主食は米の文化なのに、こうやって豆乳が広く食べられているのは日本とは違ってとても興味深いところ。大豆がよく取れるからなのか、暑い国だからなのか、日本もかつてはそうだったのか、あれこれ考えても結局はよくわからないのですが、そのあたりの食文化の違いを考えながら食べるものもまた一興。

そして少し待ってから来たのが水煎包。少し大きめですが、皮もそれほど厚くなく、何個でもいけます。噛んだ瞬間に熱々の肉汁がにじみ出てくるので注意です。

隣では近所の人が普通に食卓を囲んでいます。現地の人はここにきて何を食べてるのかなと覗き見するのも楽しみの一つです。この写真には写ってないですが、何やら揚げパンの中に揚げパンが入ったような謎の食べ物を頬張っている人がいて、あれはなんのメニューなのか非常に気になりました。

さてお腹いっぱいになったので店を出ます。店はまだ並んでいる人がいて、このお店の人気さを物語っています。並んででも食べたいことには変わりない、とても美味な台湾の朝食でした。

anan (アンアン) 2017/04/12[歩く、台湾。]

マガジンハウス (2017-04-05)